公益社団法人 日本伝熱学会 / The Heat Transfer Society of Japan

日本伝熱学会主催講習会「省エネのための機器の熱設計」

日本伝熱学会主催講習会「省エネのための機器の熱設計」

  • 開催日 2017年11月17日(金)10.00~17.10(その後、技術交流会~19.30)
  • 会場 東京八重洲ホール B2ホール
    地図(http://yaesuhall.co.jp/halldetail/hall_n/http://yaesuhall.co.jp/accessmap/
  • 要旨 人間を取り巻く環境の中で、機器の『省エネ』は持続的な社会を実現する上で必要不可欠です。そのため、各家庭で使用されるヒートポンプ、家電といった機器、データセンタを構成する情報機器等の熱設計の重要性が増しています。本講習会では、『省エネのための機器の熱設計』をキーワードに、上記の機器を対象とした熱設計、熱交換器とヒートポンプ、沸騰冷却装置、及び接触熱抵抗の基礎を学びます。これを機に『省エネのための機器の熱設計』を基礎から学んでみませんか?
  • 題目・講師
    10.00 ~ 10.10 / 開催の挨拶
            日本伝熱学会/産学交流委員長 近藤義広((株)日立製作所)
    10.10 ~ 11.20 / ①機器の熱設計
            松島 均 教授(日本大学)
    11.30 ~ 12.40 / ②熱交換器とヒートポンプ基礎
            飛原 英治 教授(東京大学)
    12.40 ~ 13.40 / 昼食休憩(お弁当をご用意しています)
    13.40 ~ 14.00 / ①及び②のQ&Aセッション
    14.10 ~ 15.20 / ③沸騰冷却と熱輸送デバイス基礎
            永井 二郎 教授(福井大学)
    15.30 ~ 16.40 / ④接触熱抵抗の基礎と熱抵抗低減
            富村 寿夫 教授(熊本大学)
    16.50 ~ 17.10 / ③及び④のQ&Aセッション
    17:40 ~ 19:30 / 技術交流会
  • 定員 先着40名
  • 参加費 (資料集1冊込み)
    学会員(賛助会員(※1)企業の方及び協賛学会等(※2)会員を含む)25,000円、非会員35,000円、特別賛助会員(※1)企業の方20,000円、学生15,000円

    ※1 特別賛助会員は通常の賛助会員と異なりますので、ご注意ください。会員の種別については、事務局からのお知らせページを参照ください。また、特別賛助会員、賛助会員の一覧は賛助会員ページを参照ください。
    ※2 協賛学会等 : 化学工学会、エネルギー・資源学会、日本熱物性学会、日本熱処理技術協会、 日本エネルギー学会、日本燃焼学会、日本鉄鋼協会、エレクトロニクス実装学会、日本電子回路工業会、オープンCAE学会、日本機械学会、日本冷凍空調学会、自動車技術会、可視化情報学会
  • 資料集 本セミナーに下記方法で申し込まれた方1名につき1冊準備します。
    資料集のみの販売はいたしません。
  • 申込方法 下記、申し込みフォームからお申し込みください(申し込み期限:2017年10月31日)。
    ※ 参加費はクレジットカード決済(口座振込の場合は下記問合せ先へ要相談)となります。
    ※ 協賛学会等の会員の方は、必ず通信欄に協賛学会等の名称を入力してください。

  • 問合せ先 (公社)日本伝熱学会(担当大澤)/電話(03)3259-7919 /FAX(03)5577-7939 /E-mail:office@htsj.or.jp

<申し込みフォーム>