公益社団法人 日本伝熱学会 / The Heat Transfer Society of Japan

関連会議・説明会・研究公募の情報

[JST/JICA] 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 平成30年度 研究提案募集開始のお知らせ

掲載日:2017年9月13日

注意:関連会議等に関する情報については,必ず情報提供元に確認して下さい.
本会では以下に提供する情報について,一切の責任を負いません.

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は、地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)において、平成30年度の研究提案を募集しています。

【募集期間】 平成29年9月12日(火)~平成29年10月30日(月)正午
【詳細情報】 http://www.jst.go.jp/global/koubo.html

本プログラムは、科学技術と外交を連携し、相互に発展させる「科学技術外交」の強化の一環として、文部科学省・外務省の支援のもと、JSTと独立行政法人 国際協力機構(JICA)が連携して実施するものです。開発途上国のニーズを基に、地球規模課題を対象とし、社会実装の構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進します。本プログラムでは地球規模課題の解決および科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術を獲得することや、これらを通じたイノベーションの創出を目的としています。また、その国際共同研究を通じて開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動体制の構築を図ります。

■公募概要
*応募要件:
日本国内の大学や研究機関、企業などに所属して、国際共同研究の研究代表者としての責務を果たし、最初から最後まで国際共同研究に従事できること。応募に際しては、JSTへの研究課題の応募とともに、相手国研究機関からも相手国ODA担当省庁を通じて日本の外務省に技術協力要請を所定の期限までに提出されることが必要です。その他、責務等も記載していますので、公募要領をよく読んで応募してください。

*対象分野:
環境・エネルギー/生物資源/防災
(注)平成27年度まで公募を行っていた感染症分野については、
平成28年度より国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が公募を行っています。
感染症分野については、AMEDの公式サイト(http://www.amed.go.jp/koubo/030120170612.html) を参照ください。

*研究期間:
3~5年間

*予算規模:
1課題あたり、1億円程度/年
(内訳)JST:委託研究経費3,500万円程度/年(5年間で1.75億円以内)
JICA:ODA技術協力経費6,000万円程度/年(5年間で3億円以内)

■公募説明会
以下のとおり公募説明会を東京及び神戸会場にて実施します。
JST、JICA、AMEDより、本プログラムの概要、公募に関するご案内、経費の枠組みなどについてご説明する予定です。

<東京会場>
日時: 平成29年9月22日(金) 14:00~16:00
会場: JST東京本部別館 1階ホール
(東京都千代田区五番町7 K’s五番町)
申込:事前登録は不要です。
地図: http://www.jst.go.jp/koutsu_map2.html

<神戸会場>
日時:平成29年9月28日(木) 14:00~16:00
会場:JICA関西 講堂
    (兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
申込:事前登録は不要です。
地図:https://www.jica.go.jp/kansai/office/access.html

■お問い合わせ先
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
国際部SATREPSグループ
e-mail: global@jst.go.jp
電話: 03-5214-8085
担当: 川崎、青木

以上

平成29年度「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマ募集

掲載日:2017年8月9日

注意:関連会議等に関する情報については,必ず情報提供元に確認して下さい.
本会では以下に提供する情報について,一切の責任を負いません.

宇宙航空研究開発機構では、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の船内環境の特徴を最大限に活用して、
国の科学技術イノベーション政策への貢献や自由な発想に基づく独創的かつ先導的で国際的に高い水準の研究を推進するため、
FSテーマを募集しています。

1.募集の名称:
平成29年度「きぼう」利用フィジビリティスタディテーマ募集

2.募集の締め切り:
平成29年9月30日(土)

3.募集の対象
 ■国の戦略的研究募集区分:
・「きぼう」を使ったヒトの加齢に関連する研究

 ■一般募集区分:
・生命医科学分野
・物質・物理科学分野
詳細は、宇宙航空研究開発機構のホームページを参照して下さい。
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/participation/application/2017_kibo-utilization-theme.html

4.お問い合わせ先:
 一般財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部 
 「きぼう」利用テーマ 募集係
E-mail: kiboexp@jsforum.or.jp

以上

発電用原子炉等安全対策高度化技術開発「プラント安全性高度化」に係る
技術アイデア公募のご案内

掲載日:2012年9月21日

注意:関連会議等に関する情報については,必ず情報提供元に確認して下さい.
本会では以下に提供する情報について,一切の責任を負いません.

資源エネルギー庁の発電用原子炉等安全対策高度化技術開発費補助金にて実施している『発電用原子炉等安全対策高度化技術開発「プラント安全性高度化」』の実施事業者は、東京電力福島第一原子力発電所の事故で得られた教訓を踏まえ、実用発電用原子炉の安全対策高度化に関する研究及び開発を促進しています。

本事業では、原子力以外の分野の知見・経験を広く取り入れて技術開発を進めることとしており、技術課題の解決に向けたアイデアを募集するため、以下の要領にて技術アイデア公募説明会を開催いたします。
※実施者:
(財)エネルギー総合工学研究所、
(株)東芝、日立GEニュークリア・エナジー(株)、三菱重工業(株)

  • 日 時: 平成24 年10 月 3 日(水) 13:30~17:30

 

  • 場 所: 航空会館 7 階 会場

 

  • 議 題:《第一部》プロジェクト概要及び公募要領説明会 13:30~14:20
        開会挨拶
        プロジェクト概要及び公募要領
      (休憩)

    《第二部》各技術開発テーマ及び公募仕様説明会 14:35~17:30

        ■第1 会場
        1)免震システムの評価手法開発
        2)格納容器構造の健全性評価手法の高度化
        3)静的格納容器冷却システム(PCCS)の開発
        4)静的デブリ冷却システムの開発
        ■第2 会場
        1)溶融デブリ炉内保持(IVR)の開発
        2)炉心の安全性高度化
        3)蒸気発生器の安全性高度化
        4)安全システムの高度化
  • 詳細につきましては、下記、資源エネルギー庁殿のホームページをご確認下さい。
    http://www.enecho.meti.go.jp/info/event/h24gensei.htm

 

  • <問合せ先>
        (財)エネルギー総合工学研究所 原子力工学センター
        笠井(かさい)、高浪(たかなみ)
        TEL:03-3508-8892(代表)

以 上