日本伝熱学会抜山記念国際賞

Call for Nominations (2016)
抜山四郎博士と日本伝熱学会抜山記念国際賞について

抜山記念賞は,抜山四郎の優れた伝熱研究者としての卓越した業績を記念するために日本伝熱学会によって創設された.抜山は,沸騰現象の解明に挑戦し,現象の全貌を抜山曲線(沸騰曲線)の形で描く先駆的な画期的な論文を発表した.その画期的な研究は1930年代になされた.そのとき伝熱研究は黎明期にあり,抜山は若く40歳未満であった.抜山記念賞は,Thermal Science and Engineeringの分野で2年ごとに,およそ50歳未満の科学者に授与される.

Shiro Nukiyama

参考文献:
      抜山四郎: 金屬面と沸騰水との間の傳逹熱の極大値竝に極小値決定の實驗、日本機械学會誌, 37, 206, pp. 367-374, 1934. [PDF] (日本機械学会の
      ご好意により掲載:転載禁止)

      抜山四郎: 沸騰の研究の思い出, 日本機械学会誌, 63, 498, pp. 973-975, 1960. [PDF] (日本機械学会のご好意により掲載:転載禁止)

      武山斌郎: (化学工学の原典シリーズ) 金属面と沸騰水との間の伝達熱の極大値並びに極小値決定の実験 (抜山四郎), 化学工学, 45, 3, pp.191-197,       1981. [PDF] (化学工学会のご好意により掲載:転載禁止)

      抜山四郎先生の御逝去を悼んで, 伝熱研究, 87, pp.1-11, 1983. [PDF] (日本伝熱学会:転載禁止)

Award Recipients

MTanahashi-150x190

Prof. Mamoru Tanahashi

The third recipient (2016)
[see the detail in PDF]

prof_gang

Prof. Gang Chen

The second recipient (2014)
[see the detail in PDF]

dr_peater

Prof. Peter Stephan

The first recipient (2012)
[see the detail in PDF]

Board of the Nukiyama Memorial Award (2016)

Chairperson: Hideo Yoshida (Professor, Kyoto University, Japan)
Vice-Chairperson: Ken Okazaki (Professor Emeritus, Tokyo Institute of Technology, Japan)
Joon Sik Lee (Professor, Seoul National University, Korea)
Shigenao Maruyama (Professor, Tohoku University, Japan)
Terrence W. Simon (Professor, University of Minnesota, USA)
Peter Stephan (Professor, Technische Universitat Darmstadt, Germany)
Xing Zhang (Professor, Tsinghua University, China)